聞き上手は恋愛上手②|意中の人と距離を縮める方法

みなさん、こんにちは。
セラピストあくあです。

ご訪問くださりありがとうございます♡

♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

恋愛の入り口で
つまずいているあなたへ。

前回は「聞き上手」になるための
基本的なスキルについてお伝えしました。

関連記事

聞き上手は恋愛上手①|意中の人に好印象を与える方法 コチラ

素敵な人と出会って、
連絡先を交換して、
これからもっと仲良くなっていきたい!

でも、相手の反応がイマイチ・・・
意識しすぎて会話がぎこちない・・・
何を話していいかわからない・・・

今回はそんなお悩みを解決するための
恋愛ヒアリング術をお届けします。

質問力|距離がぐっと近づく基本の質問リスト

聞き上手 恋愛 質問力

相手の「好き」を引き出す

気になる人ができて
連絡先を交換して
一緒に時間を過ごしたり、
LINEや電話でやりとりを重ねながら
相手のことを知っていく時期って
とてもドキドキワクワクしますよね。

いくつになっても
恋のはじまりというのは
少女の頃に戻ってしまうような
初々しさを感じます。

だからこそ、
緊張して会話もたどたどしく
なってしまうもの。
相手が話し上手な人であれば
楽なのだけれど、
不器用さんだったりすると、
沈黙して気まずい空気になってしまう
なんてこともあるでしょう。

そんなときは
こちらからの投げかけが
必要になってきます。

「聞き上手は話し上手でもある」
と言われますが、
コラム前編でも述べたように、
ここで大切なのは
「積極的な受け身」の姿勢です。

話題のきっかけを相手に与え、
話しやすいように促してあげる。

そんなイメージですね。

誕生日、出身地、家族構成。
学校や職場など自分が所属している
コミュニティや友達のこと。
恋愛初期はお互いの基本情報を
交換する時間でもあります。

そこから趣味嗜好についての
質問をするのは自然な流れですよね。

好きな食べ物。
好きな音楽。
好きな映画。
好きな本や漫画。
好きなゲーム。
好きなYouTube動画。

などなど。
「好きな◯◯は?」という質問は
相手を不愉快にさせる要素がないため
気を使わず聞くことができます。

また、相手の好みの傾向を知れるだけでなく、
自分との共通点を見つけやすい
というメリットもあります。

しかもアレンジを効かせて
深掘りしていくこともできます。
たとえば、食べ物の場合、

好きなラーメンの種類。
好きなカレーの種類。
好きなパスタの種類。
好きなファストフード。
好きなサンドイッチの具。
好きなおにぎりの具。
好きなスイーツ。
好きな飲み物。
好きなお酒の種類。

などなど。
ゲーム感覚でどんどん聞いていく
というのも楽しいかもしれませんね。

ほかにもベーシックなものを
いくつか紹介しましょう。

好きな色。
好きな数字。
好きな季節。
好きな景色。
好きなファッション。
好きな髪型。
好きな勉強の科目。
好きなスポーツ。
好きな時間の過ごし方。

相手の「好き」を知ることは、
その人が今までどんなものを見て
どんなふうに感じて
どんな価値観を育んできたのか
ということを知るきっかけになります。

相手の好きなものに
違和感を感じたときは
決して否定せず、
「へえ、◯◯が好きなんだね」
と受け入れましょう。

そして相手の好きなものと
自分の好きなものが合致したときは
それを素直に伝えましょう。

「俺、二度寝が好きなんだよね。
 なんであんなに気持ちいいんだろ」
「わかる、私も好き!二度寝って幸せだよね〜」

「スニーカーが好き。楽ちんなのがいちばん」
「うん、私も好き。どんなスニーカーが好き?」
「やっぱりナイキが好きだな。中学からひとすじ」
「へえ、ずっとナイキが好きなんだ。一途なんだね」

こんな感じで、
相手の「好き」を
どんどん引き出していきましょう。

「好き」と言われたら
「好き」と返す。

このムードを作っていくのがポイントです。

「好き」という言葉には
とてもポジティブなエネルギーがあります。

そのため、こうした会話を重ねることで、
楽しい、ワクワク、あたたかい、安心・・・
といったプラスの感情が
相手のなかにおのずと生まれます。

そして、
あなたといる時間=幸せな空気感
というイメージが
相手のなかで定着していきます。

「思考は現実化する」と言われますが、
言霊のパワーってすごいんです。

前向きな言葉を発していると、
それが感情や思考に作用し、
前向きな現実が作られていくんですね。

相手はあなたといるときに
「好き」と言いつづけることで、
まるで暗示にかかったように
あなたにどんどん惹かれていきます。

もちろんこれは
効果を保証するものではないけれど、
恋愛対象として興味ゼロでなければ、
かなり高い確率で
気持ちが上がっていくはずです。

ぜひお試しあれ♡

♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

相手の苦手なことを知る

カップルが長続きするために
必要なことって何だと思いますか?

「価値観の一致」

古今東西これはどんな人にとっても
おつきあいするうえで相手に求める条件
として共通していることでしょう。

「趣味が同じ」
「食の好みが同じ」
「笑いのツボが同じ」

など、重視するものは
人によってさまざまだと思います。

そういう意味でも
相手の好きなものをいろいろ聞いて
共通点を見つけるって
大切なことですよね。

そこで役立つのが
「好きな◯◯」シリーズの
ヒアリングリストです。

先述のリストのなかには
「苦手な◯◯」と置き換える
ことのできる質問もいくつかあるので、
合わせて試してみてください。

相手の苦手なものを知ることって
実は好きなもの以上に重要
なんです。

「人にされてイヤなこと」
「人に言われてイヤなこと」
「苦手な人のタイプ」

このあたりは早い段階で
聞いておきたいところですね。

「ドアを雑に閉められると不愉快」
「強い口調で命令されるのが嫌い」
「人の悪口を言う人が苦手」

など、好きなものと同様に
こちらもまた千差万別だと思います。

人は他人にされるとイヤなことは
自分もしないように意識しているものです。

その点でお互いの
マナーや常識が一致していれば、
おつきあいをしていくうえで
ムダな不平不満が生じにくくなります。

もし相手の答えがピンとこなくても、
聞いておいて損はありません。
相手の譲れないことや
許せないことがわかれば、
「こういうことはしないでおこう」
という心構えができます。

また、自分の考えに対して
相手がどう反応するのかを観察することで、
価値観の一致なりズレがわかってきます。

好きなものや苦手なものに
まつわる質問というのは
ありきたりな日常会話の一部
かもしれないけれど、
お互いの理解を深めるうえで
もっともわかりやすく
かつ価値観の基盤となるテーマです。

それを心得たうえで
ぜひ活用してみてくださいね。

会話力|心地よい音楽を奏でるように

聞き上手 恋愛 会話力

ここで、聞き上手になるためのポイントを
おさらいしましょう。

「理解力」
・相手を理解しようとする「積極的な受け身」の姿勢
・集中して真剣に耳を傾けることで相手からの信頼を得る

「共感力」
・否定も批判もせず、すべてを受け入れる「受容」の姿勢
・相手の心に寄り添うことで安心感を与える

「質問力」
・こちらからの投げかけで相手が話しやすいように促す姿勢
・「好き」と「苦手」を聞くことで価値観の一致を認識する

あらゆるコミュニティのなかで、
場の空気を盛り上げる
おしゃべり上手な人というのは、
あたかも物語の主人公のように
みんなの注目を集めますよね。
でも、主人公のキャラが立つのは
絶妙なレスポンスをしてくれる
相棒の存在があってこそ。

聞き上手というのは
その注目の影にあって、
主人公のことを誰よりも理解し、
空気を読んでリアクションをとりながら
その魅力をより輝かせることが
できる人のことです。

つまり、
会話を主導しているのは
実は話し手ではなく聞き手の側

なんですね。

聞く力とは、すなわち会話力です。

会話力のある人は
とても話しやすい雰囲気があるので、
人に好かれないわけがありません。

そんな魅力的な人になりましょう。
聞く力を身につけて
会話力が上がれば、
意中のあの人との距離も
一気に縮めていけそうです。

あるミュージシャンの方に
インタビューをしたとき
「会話は音楽だ」
と言っていたのが印象的でした。

こだわりを持つ者同士が
音を重ね合わせていくジャムセッションは、
相手に対するリスペクトがあって
初めて成立するもの。
自分のオリジナルを大切にしながら
相手に寄り添って響きあったとき、
驚きの化学反応が起こる。

好きな人との会話にもそんな感覚があって、
ふたりで心地よいリズムを刻んでいくような
コミュニケーションは音楽的で、
いつまでも飽きることなく楽しい。

あなたと大好きなあの人が
素敵な音楽を奏でていかれますように。

・・・

最後までお読みいただきありがとうございました♡

*あくあ*

・・・

関連記事

聞き上手は恋愛上手①|意中の人に好印象を与える方法 コチラ

・・・

YouTube

★☆★恋愛タロットリーディング動画チャンネル★☆★
*あくありずむ*恋するタロット

・・・

聞き上手は恋愛上手①|意中の人に好印象を与える方法

みなさん、こんにちは。
セラピストあくあです。

ご訪問くださりありがとうございます♡

♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

カウンセリングセラピーの一方で、
ライターとしてたくさんのインタビューを
経験するなかで私が培ってきたもの。
それは「洞察力」と「聞く力」です。

それって恋愛においても
すごく役に立つスキルなんです。

好きな人と会話がうまく続かない・・・
出会っても次につながらない・・・
好印象を持ってもらえる自信がない・・・

などなど、恋愛の入り口で
つまずいているあなたへ。

問題を解決するヒントは
「聞き上手」になること!

今日はそんなテーマでお話ししたいと思います。

理解力|「積極的な受け身」の姿勢でアピール

聞き上手 理解力 恋愛

相手を理解したいから聞く

聞き上手になるために、
まず心がけておきたいのは
「相手を理解しようとする姿勢」です。

会話というのは、
話す(能動)行為 × 聞く(受動)行為
で成立するもの。
つまり、聞く側は受け身です。

ただ漫然と聞くだけでは
意味がありません。
会話において「聞く」という行為は、
「相手を理解しよう」という意思が
起点となっていることが大事
なんです。

相手を理解しようと思ったら、
集中して耳を傾けますよね。

それは「積極的な受け身」という状態。

話を聞く姿勢として、
「うん、うん」と頷きながら聞きましょう。
体を相手に向けて聞きましょう。
などと言われますが、
理解しようと思って話を聞いていたら、
わざわざ意識しなくても
体は自然とそのように動くはずです。

好きな人に対しては、
相手のことをもっと知りたい
という気持ちが働くため、
あなたはおのずと相手の話を
聞くことに集中するでしょう。

もちろんそれと同時に、
自分のことをもっと知ってほしい
という気持ちも出てきますよね。
だからといって、
相手の話を遮ってしまうのは禁物です。

「僕、ジムに通ってるんですよ。
 やっぱり健康のために・・・」
「あ、ジムいいですね!
 私も興味あります!
 今ダイエット中なんです!」

みたいな感じで、
話の途中で割り込んでしまうと、
相手はそこで話す気が
失せてしまうかもしれません。

もしこの人が健康オタクで、
体を鍛えることに並々ならぬ
情熱を注いでいる人だとしたら、
まだまだ語りたかったはずで、
ものすごく落胆させてしまう
ことになるでしょう。

人は自分の話を聞いてもらえると、
無条件で喜びを感じるものです。
そして「自分を理解してくれた」
と感じることで、
相手に対する信頼が生まれます。

喜びと信頼は恋愛の発展に
とても重要な要素なので、
まずは自分を主張するより
「積極的な受け身」の姿勢で
アピールするのがおすすめです。

♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

「さしすせその法則」の落とし穴

男性を喜ばせる相づちの
テクニックとして有名なのが
「さしすせその法則」。

さ「さすが!」
し「知らなかった!」
す「すごーい!」
せ「センスいいね!」
そ「そうなんですか!」

男性は褒められるのが大好き。
その自尊心をくすぐる言葉として、
この5つのワードは
とってもわかりやすいですよね。

合コンや婚活などの場で
これを意識しながら
会話している人もいるでしょう。

相手の話を理解したうえで褒める
という肯定的な反応は
会話がはずむきっかけになり、
相づちのバリエーションも広がるため
有効的だと思います。

ただ、やたらめったら
褒めるというのは逆効果です。
言い方によっては
小馬鹿にしているような
印象を与えてしまうし、
気持ちがともなっていない言葉は
軽薄感が強調されてしまいます。

大切なのは褒めるという
行為そのものではありません。
マニュアル的な褒め言葉ではなく、
あなたが相手の話を理解して
心から感嘆したときに、
自然と出てくる言葉や表情の反応が
相手の心には響くのだと思います。

共感力|相手の心に寄り添って安心感を与える

聞き上手 恋愛 共感力

否定や批判をしないで聞く

聞き上手になるための
ふたつめのポイントは
「相手に共感する姿勢」です。

相手の考えや価値観が
自分と同じであれば、
そのままスムーズにいけるわけですが、
すべてが合致するなんてことは
そうそうないはずです。

そんなときに大切なのは
否定や批判をしないこと。

相手の意見に対して
自分のなかで違和感を感じても、
「なるほど」
「そういう考え方もあるんだね」
と受け入れましょう。

相手の言葉やその奥にある感情を
ありのまま受け入れること。
相手の心にそっと寄り添うことです。

心理学ではこれを「受容」と言います。

たとえば相手がこんな話をしました。

「上司にネチネチ説教されてムカついた。
 会社辞めてやろうかと思ったよ(×﹏×)」

それに対するリアクションがこちら↓

A「そっか、ネチネチ説教されたんだね。
  会社やめたいって思うくらいムカついたんだね」

B「わかる、それはムカつくよね。
  ネチネチ説教されたら会社辞めたくもなるよね」

C「いや、そんなことでムカつくのは
  大人げなさすぎじゃない?」

まずCさんの反応は
完全に相手を否定しているので、
聞く姿勢としてはNGですね。

どんな場合でも、
人と会話をするうえで
相手を批判するような態度は
好ましくありません。

「いや、……」
「そんなことで……」
「でもね、……」

といったような否定的な言葉を使うと
相手の心は敏感に反応します。
ときにはそれが地雷となって
心のシャッターを下ろされてしまう
なんて事態にもなりかねません。

意識して口に出さなかったとしても、
自分のなかで否定的な言葉がよぎったら、
それは相手を受け入れる態勢に
なりきれていないということです。

それは自分の主観に縛られている状態。
受容というのは、
その主観から一歩外側に
出るところからはじまります。

では、AさんとBさんの
レスポンスについて解説しながら、
「心に寄り添う」とはどういうことなのか
考察していきましょう。

♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

聞き上手な女がモテる理由は「安心感」

「受容的な態度」「共感の姿勢」
として正解なのは、
Aさんです。

共感とは、
否定も肯定もせず、
相手の感情をありのまま受け入れること
です。

本音ではCさん的な考えを持っていたとしても、
自分の主観はひとまず片隅に置いて、
客観的な視野で相手と向きあうことが大切。

とくに偏見が強いタイプの人は
その点を意識して切り替え、
自分のなかに受け皿をイメージすることで
相手の言葉が入ってきやすくなるでしょう。

レスポンスの例として、
Aさんのようにオウム返しをするのは
悩み相談の際には有効的ですが、
フランクな会話のときには
違和感があるかもしれませんね。

その場合は、
「そっか、そうなんだね。うん、うん」
と相手のトーンに合わせて相づちを打ったり、
静かに頷くだけでもいいと思います。

人は誰かに共感してもらえることで、
「自分を受け入れてもらえた」
「自分は自分でいいんだ」
という安心感を抱きます。

とくに男性は本能的に
女性に対して安心感を求めるもの。

「聞き上手な女はモテる」
という説はよく知られていますよね。
これは共感をもって相手の話を
聞ける女性がいかに好感度が高いか、
納得のいくところだと思います。

♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

心に寄り添うとは感覚を開くということ

続いてBさんです。

「わかる」というリアクションは
一見共感しているような印象ですが、
実はちょっと違います。

なぜなら、
Bさんの発言の裏には
「もし私があなたの立場だったら」
という前置きがあるからです。

Bさんは自分を主体に考え、
自分の気持ちを述べているんですね。
相手を否定せず、
けれども客観的な受け皿はなく、
相手の話をきっかけにして
「私」の話をしています。

これはつまり共感ではなく、同調です。

会話のなかでつい言ってしまいそうな
「わかる」というリアクションは
取り扱いに注意が必要です。

この例でいくと、
仕事の愚痴に対して同調したことで、
相手はさらに愚痴を
吐き出しつづけることになります。

こうしたネガティブの共有は
一時的なストレスの発散になったとしても、
安心感からは遠ざかってしまいます。

同調は共感とは対極にあるもの。

相手に同調するということは、
相手の心に寄り添うことではありません。
それは相手の心に寄り添うという
パフォーマンスをしているだけなんです。

心に寄り添うとは、
自分の感覚を開くことです。

感覚を研ぎ澄ませていれば、
相手の言葉、声のトーン、
仕草、表情などから
さまざまな情報が読み取れるはずです。
それをまるごと受け入れましょう。

感覚を開いて受容することができたら、
愛を受け取ることが上手になります。

聞き上手は受け取り上手。

受け取り上手は恋愛上手。

ぜひ素敵な恋愛を手に入れてくださいね。

・・・

最後までお読みいただきありがとうございました♡

*あくあ*

・・・

YouTube

★☆★恋愛タロットリーディング動画チャンネル★☆★
*あくありずむ*恋するタロット

・・・