ストレスをためないLINE恋愛心理学|コミュニケーションにおける男女の違い

LINE 既読スルー 心理学

こんにちは、セラピストあくあです。
ご訪問ありがとうございます♡

♪♫•¨•.¸¸♪♫•¨•.¸¸♪

みなさんは好きな人と
どれくらいの頻度で
連絡をとりあっていますか?

気軽にチャットできるLINEは
好きな人と自分をつなぐ大切な
コミュニケーションツールですよね。

しかし、メールよりもお手軽なだけに、
相手からの反応が鈍かったりすると、
必要以上に気にしてしまい、
不安を煽られてしまうのも事実。
恋愛においてはメリットが多い分、
LINEはストレスを抱えやすい
ツールとも言えます。

✔️ 連絡の頻度が少ない
✔️ メッセージがそっけない
✔️ 返事が遅い
✔️ 既読スルー

誰もが一度は経験している
であろう男女間のLINE問題。

リーディングやセラピーのご相談でも
LINEにまつわるお悩みは
とっても多いんです。
しかも、そういったLINE問題で
ストレスを抱えているご相談者さまの
ほとんどが女性です。

LINE問題によるストレスというのは、
片思い中の方であっても
おつきあいされている方であっても
恋愛のさまざまな段階で生じるもの。
今これを読んでいるあなた自身もまた
スマホとにらめっこしながら
悶々としているまっただ中に
いらっしゃるかもしれませんね。

なぜ、そんなことが起こるのでしょう?

その原因は心の仕組みにあります。
そもそも男性と女性では
コミュニケーションの概念が
まったく違うんです。

今回はそんなコミュニケーションに
おける男女の違いを
心理学的な視点から考察しながら
LINEにまつわるお悩みの
解決策を探っていきたいと思います。

共感を求める女性と結論を重視する男性

コミュニケーション 男性心理 女性心理

人と人との
コミュニケーションというのは、
そのときの話題によって
うれしい、楽しい、ワクワクする、
イライラする、悲しい、
ドキドキする、緊張する・・・
などさまざまな感情を
感じるものですよね。

女性は本質的に感情を感じやすいため、
喜怒哀楽を相手と
共有することによって満足を得る
という特徴があります。
だからおしゃべり好きな女性は多いし、
好きな人とはなおさら活発に
コミュニケーションをとろうとします。

一方、男性は女性よりも
感情を感じるのが苦手な生きものです。
そのため、無秩序に感情が飛び交う
女性特有の「とりとめのない話」に
対しては苦手意識があり、
コミュニケーションをとる際には
思考でカバーしようとします。

コミュニケーションにおいて
右脳的な女性に対して
男性は左脳的。

女性は相手に共感を求め、
男性はそのプロセスではなく
結論を重視する傾向があるんです。

たとえば、仕事で悩んでいる彼女が
彼に相談を持ちかけたとしましょう。

自分が悩んでいることについて
話しはじめた彼女は
日頃の鬱憤を晴らすかのように
ああでもないこうでもないと
職場での愚痴をぶちまけていきます。
そして彼はその話を聞き流しながら
自分なりに彼女のお悩みの原因を考え、
解決策を提案しようとします。

「そんなときはこうしたほうが
 いいんじゃない?」
彼は優しく応えてあげるのですが、
彼女はそれを受け流し、
さらに愚痴を吐きつづけます。
しかしすでに結論を出した彼は
もはや彼女の話には興味がなく、
そんな彼の姿を見た彼女は
「ねえ、ちゃんと聞いてる?」
とイライラをぶつけるという始末・・・

彼の行動は、悩んでいる彼女の
問題を解決してあげたい
という思いがあってのこと。
しかし彼女のほうは
解決策などどうでもよく、
ただ彼に話を聞いてもらい、
共感してもらいたかっただけなんですね。

そのような些細なすれ違いから
男女がもめてしまうのは
よくあるケースかもしれません。

これはお互い気が合わない
ということではなく、
コミュニケーションの
捉え方の違いが原因で
起こってしまうことなのです。

そしてこのような
男女の心理的傾向の違いは
LINEのやりとりにおいても表れます。

男性と女性で違うLINEの目的

LINE 男性心理 女性心理

男性はコミュニケーションを通じて
感情を感じとるのが苦手なので、
LINEの文面上でのやりとりとなると、
さらに苦手意識が高まる傾向があります。

一方、共感を求める女性は
LINEでのやりとりが大好き。
メッセージのひとつひとつに
愛情をこめて送り、
相手からの言葉ひとつにも
感情を読みとろうとします。

男性はやはり結論を重視するんですね。
感情を敏感に感じとれる女性は
特定の話題がないとしても
LINEのラリーを延々と
楽しむことができるのですが、
男性の場合、一向に結論の出ない
「とりとめのない話」が続くと
だいたい途中で飽きてしまいます。

よくLINEの返事をもらう手段として
「疑問形で送ると良い」
と言われますが、
質問に対して答えを出す
というのは男性の得意とするところです。

しかし着地点を必要としない
話題にはさほど興味が持てないため、
今日食べたランチの話など
日常の報告をされたところで
対応のしようがありません。
その結果、既読スルーしてしまう
という男性は多いようです。

心の仕組みを知ると、
男女の認識の差がよくわかりますよね。
端的に言えば、
男性と女性では
LINEに対する目的意識が違う
んです。

共感を求める女性にとって、
LINEは関係を深めるための
コニュニケーションツールとして
とても有効なもの。
女性はLINEのやりとりをすることで
好きな人とつながっていることを実感し、
安心することができます。

一方、プロセスより結論を
重視したい男性にとって、
LINEは関係を深めるための
「きっかけ」として利用されるもの。

メッセージのやりとりそのものではなく、
たとえば「会ってデートする」
というような明確な目的があり、
LINEはそこにたどり着くための
連絡手段と捉えているんですね。

女性がLINEでつながることで
安心感を感じているなんて、
男性のほうはイマイチ
ピンとこないかもしれません。
愛情はあっても反応が鈍く、
結果的に女性のほうが
ストレスを抱えてしまう
というパターンが多いのは、
お互いのLINEに対する
目的意識が違いすぎることが
最大の原因と言えるでしょう。

LINE 連絡の頻度 既読スルー

たとえば、仕事で忙しい彼が
デートの時間が作れない状況のとき、
「しばらく忙しいから会えない。
 落ち着いたら連絡するね」
と伝えてきたとします。

彼女はとてもさみしいけれど
仕事だからしょうがないかと思って
了解のお返事をするのですが、
その後、彼からの連絡は途絶えます。
不安になった彼女は
様子を伺うLINEを何度か
送ってみるのだけれど、
既読スルー・・・

「気持ちが冷めちゃったのかも」
と深刻に悩みはじめる彼女。
しかし数日後、
何事もなかったかのように
彼からLINEが届きます。
「やっとひと段落したよ!
 次の日曜会える?」

・・・そのようなケースは
実はとっても多いんです。

実際に彼は日々忙殺されて
LINEどころではなかったんですね。
既読スルーに特別な意図はなく、
最初に伝えていたとおり
「落ち着いたら連絡する」
つもりでいたので、
彼女が不安に苛まれているなんて
夢にも思わなかったわけです。

私は女性ですので、
忙しくてもひとことくらい
連絡くれたらいいのになあ
と思ってしまうのですが、
そんな女心を訴えたところで
左脳優位な男性の心には
なかなか響きません。

LINEはただの連絡手段であり、
「用事があれば連絡する」
「用事がなければ連絡しない」
というシンプルな考え方は
いかにも結論重視な
男性的思考と言えます。

もちろん個人差はあるので、
忙しくてもマメに
LINEを送って気づかってくれる
優しい男性も存在します。
既読スルーに悩む女性からしたら
それはうらやましいかぎりですよね。

もしあなたの彼が
LINEのやりとりに抵抗がなく、
普段からきちんとフォローしてくれる
お相手であるなら、
「優しくてマメな人に
 出会えてよかった!」
とその奇跡に感謝しましょう(笑)。

LINEの頻度・内容=愛情の深さではない

LINE 既読スルー 返事

これまで述べてきたように、
男性と女性では
コミュニケーションの捉え方が違うため、
LINEの目的意識そのものが違います。

男性は女性ほど
LINEを重要視していない
んですね。
だからこそ、

✔️ 連絡の頻度が少ない
✔️ メッセージがそっけない
✔️ 返事が遅い
✔️ 既読スルー

なんてことが
起こってしまうんです。

ここで理解しておくべきなのは、
LINEを重要視しない相手にとって
LINEで見せる態度というのが
すなわち相手の愛情の表現ではない

ということ。

連絡の頻度が少なくても、
メッセージがそっけなくても、
返事が遅くても、
既読スルーでも、
イコール愛がない
ということではないんです。

たとえば「恋愛の攻略法」として
よく耳にするLINEの常識
ってありますよね。

✔️ 好きなら即レスするはず
✔️ 好きなら忙しくても返事はできるはず
✔️ 好きなら既読スルーなんてしないはず
✔️ 好きなら積極的に連絡してくるはず

それらが必ずしも
自分の好きな相手に
当てはまるとはかぎりません。

そのことに縛られていると、
現実とのギャップに苛まれることに
なってしまいます。

そこでストレスをためないためには、
「○○であるはず」という思い込みを
捨て去る必要があります。

思い込みを捨て去るとは、
いわゆる「LINE依存」から
自分を解放してあげるということです。

男性と女性ではLINEの目的意識が違う
ということを思い出してください。
LINEを楽しめない相手に対して、
LINEの楽しさを力説したところで
相手の価値観を変えることはできません。

たとえば、
あなたがまったく興味のない漫画の話を
相手に熱く語られたときに、
相手がいかにその漫画を愛しているかを
理解してあげることはできても、
自分自身がそれを面白い
と思うかどうかは別問題ですよね。
1巻目で気分が乗らなかった場合に、
全巻読破するなんて
苦痛でたまらないでしょう。

いくら相手のことが好きであっても、
自分の価値観の基準というのは
そう簡単に変わるものではありません。
けれど、相手が愛してやまない漫画を
あなたも同じように愛せないからといって、
イコール相手を好きじゃない
ということにはならないですよね。

そう考えると、
好きな人からのLINEの反応が鈍くても
「まあ、しょうがないか」
と思えてきませんか?

それが「LINE依存」から
自分を解放する第一歩になります。

恋愛関係をつないでいくツールとして
お互い無理なくLINEを活用するためにも、
まずはあなた自身のなかにある
「○○であるはず」という
思い込みを手放しましょう。

そうすることで気が楽になり、
今まで大問題だと思っていたことが
実は大した問題ではなかった
ということにきっと
気づくことができるでしょう。

まとめ|LINEでストレスをためないために

LINE 連絡の頻度 心理学

今回は男女間で
すれ違う違うことの多い
LINE問題の根本原因について
紹介させていただきました。
ここでもう一度おさらいしましょう。

<すれ違いの原因①>
コミュニケーションの捉え方の違い

・女性は感情を感じやすく、
 右脳的なコミュニケーションをとる傾向があり、
 相手に対して共感を求める。
・男性は感情を感じるのが苦手なため、
 左脳的なコミュニケーションをとる傾向があり、
 相手との会話において結論を重視する。

<すれ違いの原因②>
LINEに対する目的意識の違い

・相手に共感を求める女性は
 LINEでコミュニケーションを楽しみたい。
 →LINEのやりとりで愛を感じて安心できる。
・結論を重視する男性は
 LINEのやりとりは簡潔にすませたい。
 →LINEはデートに着地するための連絡手段。

男性と女性ではこれほどまでに
心の仕組みが違うんです。
そのことを知っておくだけでも、
LINEの反応が鈍い相手に対して
一喜一憂することはなくなるでしょう。

繰り返しになりますが、
LINEの頻度や内容によって
愛情をはかることはできません。

たとえばおつきあいしている場合、
連絡の頻度に関して
妥協点を見出すために
「一日一回は連絡をする」など
ルールを決めると良い
というふうに言われたりしますよね。

もちろん価値観の違うふたりが
歩み寄りをするのは大切なことです。
ただし、これには盲点があります。

LINEのルールを設けるのは、
提案した側が安心を得るためですよね。
その気持ちを汲んで、
相手が快く連絡してくれるのなら
とくに問題はないでしょう。
しかし、もともとLINEに対して
苦手意識をもっていた場合、
やがて相手は負担を感じるようになり、
ルールを守れなくなってしまう
という可能性も出てきます。

めんどくさいと思いながら
送られてくるLINEに
あなたは安心を感じるでしょうか?
それは相手のストレスを生み、
結果的にあなたはますます
「LINE依存」に陥っていく
なんてことになりかねません。

そのような歩み寄りは本末転倒。
お互いの心が健全な状態で
つながっていくには、
やはりLINEに対するこだわりを
手放す必要があるんですね。

たかがLINE。
されどLINE。

あなたがその呪縛から
解放されることで、
LINEはお互いにとって有効的
かつ快適なツールとなるでしょう。

そうして自然体のあなたで
コミュニケーションを
とっていくということが、
好きな人とストレスなく
親密な関係を築いていくためには
大切なことなのだと思います。

・・・

最後までお読みいただきありがとうございました♡

*あくあ*

・・・

・・・

P.S.
あくありずむセラピーセッションでは、
LINEのストレスから解放されて
好きな人とより親密な関係を
築いていくためのお手伝いを
させていただきます。
ひとりでうまくできないときは
いつでもご相談くださいね。
→詳細はコチラ

・・・

YouTube

★☆★恋愛タロットリーディング動画チャンネル★☆★
*あくありずむ*恋するタロット

・・・

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.